2016/08/23

After HIROSHIMA 2016

Hate the day just after the festival finished. Felt last 5 days were long for the first time. Did not go to OTIS and MOZART this time.

Walk to Hiroshima station again. It took about 1 hour because walked with looking at some things. Very wet, feel good! MTL summer is also hot, but not so humid, so quite different.

何度経験しても慣れない、映画祭終了の翌日の虚しさ。初めて長く感じた5日間だった。今回はOTISにもMOZARTにも行かなかった。

帰りも駅まで歩く!フラフラ寄り道しながら歩いたので、1時間程かかった。汗が気持ちいいくらいに吹き出てくる。やっぱ湿気があるないって大きいね。



When was waiting for my train at Hiroshima station, an old man passed in front of me while staring at my face, and sat down have a little bit space. But soon, closed to me and asked,
"Where are you going? Why did you come to Hiroshima? Why do you leave so early time, why don't you stay more? I treat a lunch, OK? Stay with me? Oh, you leave..."

Why are many old men interested in me??

広島駅で電車を待ってたら、おじさんがあたいの前を通り過ぎた。じーっとあたいの顔を見て通り過ぎてく。ちょっと間を開けて座ったけど、すぐにあたいの隣に移動して話しかけてきた。
”どこ行くの?何で広島に来たの?なんでもう帰るの、ゆっくりしていきなよ。ご飯おごるから、ね、残る?えぇー、帰るかぁ。”

あたいにはおっさんがよく寄ってくる。



I was listening a conversation by 2 old women in a train. A woman who is doing something for money, but she really doesn't like it. And a woman who gives advice to her, and she loves jewels.
"Most important thing is not money, it's what your heart want. You really don't like to doing, so you should quite it."
"Well, but........."
"You hate it, eh? You have a lot of stress because of it and it's not good for your health."
"I see that, but........."
"Quit. I think you should quit for yourself."
"You can do that, but I can not. I see that it's a weak point of me."
"Please listen to your voice from your heart. It must be an answer."

At the festival, some experts said "Be honestly to yourself". That's for making your animation though.
AGREE WITH THAT!!

帰りの電車の中、おばさま2人組の会話を聞き入ってしまった。お金のために何かを嫌々やっているおばさまに対し、アドバイスをする宝石好きなおばさま。
「でもね、お金じゃないわよ!自分の気持ちを大切にしなきゃ。そんな嫌々なんだったら止めた方がいい。」
「でもねえ・・・あれこれあれこれ」
「だけどそんなに嫌なんでしょ?それで考え込んでストレスためて、体によくないわよ。」
「うん・・・あれこれあれこれ」
「だからもう、スパンときりなさい。嫌々やるのは絶対によくない。」
「あなたはそれができる人なのね。私はそれができないから、それがダメなのね。」
「自分の気持ちを大事にした方がいいわよ。だから、スパンときっちゃいなさい。」

内容は違うけど、映画祭でもベテラン勢が作品を作るにあたって、「自分の気持ちに正直に」と言っていた。
うん!!



I am home. Feel everything in my house is very low again. Did not come back from Canada, came back from Hiroshima. My house seems to be a special.

My no.1 favorite animation film festival is over...
Hiroshima is the best film festival because homey, high quality film's screening and excellent staffs.
Which film festival do you like? Asked to some friends.
Hiroshima and Zagreb is poplar. Many filmmakers think the same things with me. And also, because especially Zagreb city is very beautiful.
Annecy is not popular because that's for BUSINESS and bad manner during screenings.
I have heard some opinions for Hiroshima: Keep old style. There are no enough space to discuss/conversation.

ただいま~。あれ、また家の中の物が低く感じる!今度はカナダからじゃないよ、広島から帰って来たのに。我が家は特別低いみたい^^

一番好きな映画祭終わっちゃった。。。
あたいは広島が一番好き。アットホームで、上映作品の質は高く、ボランティアスタッフの人たちの接客がすばらしいから!皆はどうなんだろう。何人かの人に聞いたことがある。
人気なのは広島とザグレブ。やはりあたいが言ったような理由で。あと特にザグレブは、街が美しいという意見もあった。
あまり人気がないのはアヌシー。ビジネスの匂いがプンプンだから。上映中の観客のマナーも酷いし。
広島に意見する声も、もちろんあった。何も変わらない、座って話せる場所が少ない。



When checking email, found a certain email that was sent few days ago, and it's from an acquaintance who met in last Hiroshima. "Are you coming to Hiroshima this year?"
At the festival, some acquaintances found me and talked to me. So glad that people remember me.

メールチェックをしていたら、一件のメールが目にとまった。前回の広島で知り合った人から、”今年も来られていますか?”というもので、数日前に送られていた。
映画祭でも、「西島さん!」と何人かの方に声をかけていただいた。あたいみたいな人間のことを覚えててくれてる人がいるんだ。嬉しいな!

2016/08/22

HIROSHIMA 2016, day 5

Relaxed at this morning, and walked to Genbaku Dome afternoon. Only here where I wanna come this time. I have came here every 2 years since 2006, and went to a lot of spots. So, no place where wanna go and no interested art exhibition this time.
However, have to come here. Here is a special place for me. Can not leave Hiroshima without visiting here. Something is grabbing my heart and I just like this architecture.

今朝はゆっくりして、お昼から原爆ドームの方へお散歩した。今回はここだけ、他はどこにも行かない。2006年から2年に一度来てる。ほとんど見たから行きたい場所もないし、今回は観たい展覧会もない。
だけどここだけは来たい。ここを訪れずには、広島は去れない。それくらい心捉まれるものがあるし、それにこの建築物が好きなんだ。



Back to the festival and saw Feature Animation "Rocks In My Pockets", Japanese Animation Special 27 and Awards and Closing Ceremony & Screening of Award Winning Works.
Lovely moment (↓). This may be a reason why I love this festival.

映画祭に戻って、『ロックス・イン・マイ・ポケッツ』、日本アニメーション大特集27、表彰式・閉会式と受賞作品上映を観た。
かわいい時間(↓)。あたいがこの映画祭が大好きな理由の一つ!かもしれない。
video



最後の夜はお別れパーティー。この5日間で気づいたこと。あたいはトゥに頼り過ぎてる。トゥと出会うまでは一人で飛び込んでた。だけどトゥと出会ってからは、いつもではないけれど、トゥが世話をやいてくれて、いつの間にかトゥを頼りにしてた。
トゥから卒業しなきゃ。自分自身で飛び込んでいきたい。そうならなきゃダメだ。だから今夜のパーティーは、自分から。

そう思った矢先、あたいのお隣に話したいと思っていた人が、「ここ空いてる?」とやって来た。ラギオニ―さん!!
「あたい、あなたとお話がしたいです。」
でも彼は英語があまり話せない。母国語はフランス語。映画祭もずっとフランス語で通されてた。だけど構わない、話す!だって彼の作品は本当に素晴らしい、彼の人生にも興味がある、お話がしたい。

彼の婚約者が、ラギオニ―さんよりは英語ができるので間に入ってくれて、ラギオニ―さんご自身も英語で話すよう頑張ってくださって、ちゃんとコミュニケーションとれたよ^^
フランスへ行くことがあったら、遊びに行くんだ!



おお、そうだ!最後の最後に奇跡が起きたんだ!
パーティーが終わって、5日間映画祭ありがとう~、と会場を後にする時、エレベーターの中である男性と一緒になった。あたいは安易な気持ちで「どこから来たの?」と声をかけた。彼は今度あたいが行く街から来てた。
それからホテルが同じ方面ということもあり、歩きながら話した。その時彼が、
「以前○○で働いてたんだ」と口にした。
「え、今○○って言った?」
「うん」
「あなた○○で働いてたの?」
「そうだよ」
「あたい、今度その街へ行った時、ぜひともその会社を訪ねたいんだ!だけどそこはコネクションがない人は絶対に受け入れないから、知人を尋ねてコネクションを探してたの。一歩手前まではいったんだけど結局ダメで、だから広島で見つけられたらなって思ってたんだ。」
「そうなんだ!じゃあメールしてよ。まだ働いてる同僚に話してみるから、何とか君が行けるように。約束はできないけどね。」
やったー!!!!!望みができた。

「ところで、僕のホテルはこっちであってるかな・・・。」
「何てホテル?」
「○○ホテル。」
「え、高くない?」
「でも今回は授業の一環で来てて、大学が出してくれてるから。」
「あ、じゃあよかったね!地図見る?」
「載ってるかなぁ。」
「載ってるよ!有名だもん。」
地図で場所を確認するも(とってもシンプルなルート)、どこか不安そうな彼。方向音痴なのかな?
「もしあれだったら、あたい送ってくよ。」
「いや・・・・。君英語上手だね。」
「そうかな、まだまだだよ!」
「日本で生まれ育った?一体何者?」
「うん、日本で生まれ育ったよ。でも先月まで9か月間MTLで暮らしてたから。」
「ああ!そりゃ全然違うわ。」

「ここ、あたいのホテル。」
「いいなー。近いし、お手頃な値段そうだね。」
「その通り!じゃ、ホントに大丈夫?送っていかなくて。」
「大丈夫!じゃ、メールしてね^^」
「はい。おやすみ^^」

2016/08/21

HIROSHIMA 2016, day 4

Went to see Moldovan Animation, International Jury Film by Willem Thijssen, Lisa Tulin and/or Lasse Persson Retrospective (I like her speaking, so cool), Christine Panushka Restropective and Competition 4.

モルドバアニメ―ション特集と、国際審査委員ウィレム・タイセン作品と、リーサ・トゥリーン/ラッセ・パーソン特集と(この人の話し方かっこいい!)、クリスティーナ・パヌーシュカ特集と、コンペの5プログラムを観る忙しい日。



Had a lunch at a riverside. 9 years ago, came here to have a lunch. Both last time and this time, my heart is empty.

川沿いのベンチでお昼ご飯。9年前にここでご飯食べたな。
video



Charming Lappy, I like you very much:D

あたいはラッピーが大好きです!
video



今夜はASIFAパーティーがある。まだ今回、誰とも”はじめまして、こんにちは”してない、頑張らなくちゃ!
あたいは今カナダから一時帰国の身で、カナダに税金を納めてる。てことで、外国人料金で参加した。小さなラッキー。

とりあえずお腹が減ってるので、食べる食べる。
はぁ~、ちょっと今ね、誰とも話す気分じゃないんだよね。空腹を満たしたところで、パーティーに来ているにも関わらず、一人になりたいモードになったあたいは隅っこに移動し、ボーっとビルの下に見える川を眺めてた。

ダメですよ!人と話をしなさい。
人込みの中に戻り、誰と話したいかな~と見渡すが、誰が誰だか分からない、この人と話したいって人が見当たらない。

とそこへトゥ出現。話したい人はいる?って聞かれたけど、答えられない。
その時、近くを通りかかった男性をトゥが捉まえ、「この人は○○の監督だよ」って。ほー、あたいそれ好きだよ!
きっかけを作ってくれたトゥは、じゃあ後は2人で話しなさいとその場から去った。そっからはあたいも元気を出し、たくさんおしゃべりをした。そして次の人、次の人、”ディズニーに入るには”のアドバイスを挟んで(なぜそうなった?)、次の人、次の人・・・と色んな人と”はじめまして、こんにちは”した。

パーティー終了間近、あたいはある人と話していた。そこに、あたいが話したいと言っていた女性を、トゥがわざわざ連れて来てくれた!わ~、ついに話せるんだ。目の前にいる!あたいを見てる!トゥ、どうもありがとう!!
あたいは興奮して彼女とたっくさん話した。パーティー会場を後にしてからも、ホテルへ帰る途中まで話してた。

あたいは彼女からたくさんのエネルギーをもらった。はぁ・・・嬉しい♥

2016/08/20

HIROSHIMA 2016, day 3

Went to see  Documentary "Film Adventure Karel Zeman" (this was really very good), Feature Animation "PHANTOM BOY" and Competition 3.

Between "PHANTOM BOY" and Competition, returned to the hotel once and took a rest. So, could see all films of competition tonight and went to eat Okonomiyaki with my friend after that.

My friends took me to an Okonomiyaki restaurant where is the nearest from the festival place and also I left there with my angry when went to with my junior 2 years ago. At that time, I swear NEVER CAME BACK. But we do not know other restaurant..., so came back.

Why I was angry 2 years ago, because they let us wait too much , and after waited about 1 hour, a young man staff came to us to ask "excuse me, can I ask your order again?"
Hey you, we are waiting almost 1 hour. And have to wait more because of you? There were only few customers, I think you must not so busy. However, why happen like this?
He just said "sorry..." with very little voice.
The time of program we wanted to see was approaching, so impossible to wait more. CANCEL! BYE!

2 years later. It is opening until 22:00. We came at 21:30. Can we?
Opened the door, a young woman staff welcomed us. Oh, we can!! Had a seat and looking at a menu.
A young man staff came to us. You? The same guy with 2 years ago? Umm, dunno.
"I am sorry we are gonna closing at 22:00. And it takes 40 minutes to serve to you, so..."
"Oh, impossible, ea?"
"..................." he is smiling with sorry.
You should say so before we have a seat! Wanted to say so, but kindly people who were waiting next table told us another restaurant. They were waiting 1 hour. Ahaha, quite same as 2 years ago.

Another restaurant was very near from that stupid one. And they accepted us^^
We had a seat and waited, then Georges Schwizebel and his wife and someone, my friend's best friend and Igor Kovalyov came!!!!!

Here was a nice Okonomiyaki restaurant. Tasty, cheaper price and nice staffs.
Okonomiyaki we ordered was the smallest size, but very big for us and could not eat all. Took it out for tomorrow lunch.

今日は『映画界の冒険家 カレル・ゼマン』(これ、すっごい面白かった)、『ファントムボーイ』とコンペ。

『ファントムボーイ』とコンペの間で、一度ホテルに戻ってお昼寝をしたので、今夜のコンペは全部観れたし、その後トゥとお好み焼き食べに行く元気もあった。

トゥが行こうと言うので最初に入ったお店、そこは2年前後輩と来て、軽くキレて出て行ったお店。二度と来ないと思ったけど、他に知らないし、近いし、来ちゃった。
なぜ軽くキレたかと言うと、ものすんごい待たされた挙句、「すいません、ご注文なんでしたっけ?」って来やがったから。あんた、一時間近くも待たせておいて、注文通ってなかったからこれから焼きますってこと?その時お客は数人しかいなかったのに、「何でそんなことになるの?」と言ったら、店員のお兄さんは「すいません」としか言えなかった。
観たいプログラムの時間が迫ってるから、これ以上は待てない。キャンセルよ!

2年後、再来店。そこは22時まで。あたいたちは21:30にやって来た。いけるかなぁ。
若い女性店員が、「どうぞ」と通してくれた。あ、大丈夫なんだ!メニューを見て選んでいたら、お兄さん店員が・・・。あいつ?いや、分かんない。
「あの、うち22時で閉店なんですよ。今から注文していただいても、焼きあがるまでに40分かかるので・・・。」
「じゃ、無理ってことだよね。」
「・・・・・」ヘイって感じで軽く頭を下げた。
だったら通すなよ!って言いたかったけど、隣にいたグループの人たちが、「すぐ近くにもありますよ」って、親切に場所を教えてくれた。そしてこの人たちは1時間待ってるってさ。お客を待たせ過ぎるところとヌケた店員、変わってないねー。

教えてもらったお店は、すぐ近くにあった。ここはOK!入れます^^
そしてあたいたちが来た後すぐに、ジョルジュ・シュヴィツゲベルさん夫妻たちと、トゥの大親友とイゴール・コヴァリョフさんも来た!

お好み焼きおいしかった^^ これで一番小さいサイズだよ!食べきれなかったから、残りはお持ち帰り。

2016/08/19

HIROSHIMA 2016, day 2

Went to see 5 programs: Pixar Latest Short "PIPER", Japanese Animation Special 7, Jean-Francois Laguionie Restrospective, Jean-Francois Laguionie Feature Animation "Gwen and the sand book" and Competition 2.

Every programs were very nice. Had some favorite films in last competition, but tonight's competition, no.

今日は5つのプログラムを観た。ピクサー、日本のアニメーション大特集、ジャン=フランソワ・ラギオニーさんの短編作品集と長編『グウェン』、そしてコンペ。

どのプログラムも素晴らしかった。特にラギオニ―さん!そしてコンペは、今日の中ではいいのなかった~。

今日のコンペは、ラスト5つくらいは、うとうとしちゃってちゃんと観れなかった。あと会場が寒すぎる!ヤバい、喉の調子がまた変だぞ。ぶり返したくないよ。ここでぶり返したら大変だぞ!
今日はトゥも一緒じゃないし、こんなだから、コンペ後は速攻ホテルに戻った。

2016/08/18

HIROSHIMA 2016

What a beautiful sea. See the sea for the first time in 9 months.

うわ~、すっごい綺麗!海は久しぶり、ずっと川だったから。
video



Arrived at Hiroshima station at over 13:00. This time, walk to my hotel about 40 min under this terrible hot sunshine in order to exercise. Because until yesterday, about 2 weeks, I did not move well because of terrible cold. Always, sleep, eat, sleep, eat...repeat. Got some fat. NO!!!!!

I was wavering whether go to HIROSHIMA for 5 days or less than 5 days until last night because not perfect condition yet. But leave for there today, because it's HIROSHIMA.

午後1時過ぎ、広島駅到着。今回はホテルまで歩く!40分間、強い日差しが照り付けてるけど。運動しなきゃだからね。日本帰ってから昨日まで約2週間、ほとんど動いてない。ひどい風邪だったから、食っちゃ寝、食っちゃ寝だった。おかげで帰国後、体が一回り大きくなった。脂肪落とさなきゃ!

昨夜まで、今日広島へ出発するか、1日2日遅れて行くか悩んだ。まだ体調は完全に回復してないから。だけど全日程参加する!広島だから!



At 14:00, arrived at hotel where is the same hotel with last time.As soon as finished check-in, went to the festival.
Oh, it's a Inuksuk in front of the festival place!!!!! CANADA!!!!! Since when? Did not know that.

2時、前回と同じホテルに到着。チェックインだけ済まして、会場へ向かう。
あれ、会場の前にイヌクシュクが。いつからあった?気が付かなかったんだけど。



Went to see "O APOSTOLO" by Fernando Cortizo, Opening Ceremony and Competition.

『オ アポストロ』と開会式とコンペを観た。開会式から友達と合流。しょっちゅうメールしてるからおひさ感はないけど、実際に会うのはこの時だけだから、やっぱりちょっとテンションあがる。
9か月間英語で生活していたので、これまでと比べて断然に会話ができる。んだけど、彼の英語はドイツ語なまりだから、え?ってなることが多い。ダンスのことを明らかにタンズって言ってるもん。さっと理解しないあたいを見て、”タンズ(ダンス)もわからないの”みたいになってるけど、、、あなたの発音じゃ苦労するよ。

コンペの後、トゥのお友達と再会。そしてそのお友達と一緒にいた女性、あっ!MTLでお会いした人じゃん!
「こんにちは。あたいのこと覚えてますか?」
あたいの顔だけじゃ覚えてなかったけど、言葉をつけたしたら思い出してくれた。

そして皆でパーティー会場へ向かう、はずだったが、会場へ向かうまでに、各々が色んな人と出会い話をするもので、いつの間にか4人はバラバラになった。

パーティー会場ー。食べまくる、食べることに集中。”はじめまして、こんにちは”はその後でいい。お腹が空いてんだ!!それにお料理少ないから、早くしないとあっという間になくなっちゃう。

おいしいお料理を頂いているうちに、体力の限界が。眠い。コンペの時から我慢してたけど、今夜は”はじめまして、こんにちは”は無理そうだな。する気がないや。

空腹を満たしてホテルへ戻った。明日は朝一から観るから、しっかり寝とかなきゃ。

2016/08/03

Jumping through life like bird 3




MTLのストゥリエを出て40.5時間、家に着いたー。
わはは!全てが低い、自分が巨人になったみたいだ!

2時間かけて朝食を食べ、寝る!しんどい!

2016/08/02

Jumping through life like bird 2

video video video



成田着いた。日本はホント”おもてなしの国”ね!空港の至る所に職員が立っていて、「おかえりなさい」とか「ようこそ」って出迎えてくれる。税関を通り過ぎて、電車のプラットホームへ行く途中にまで立ってるよ!

そして日本の乗り物は、エアコンが優しい。途中停車駅で扉が開く度に、蝉の声が聞こえる。嬉しい!!

東京駅に着いて地上に出た瞬間に、日本の湿気と夏の爽やかな風が吹いた。これこれ!!

外国で暮らしてみた結果、
●軽い?潔癖症になった
●日本は清潔なことがよーく分かった
●日本人はシャイで、すぐに謝って、ルールに忠実過ぎで、辛い時や嫌な時でもニコニコして本音を言わず我慢するって?それがいいとこじゃん!



東京駅で体調不良はマックスに。座ってるのもしんどい、寝転びたい。フラフラする~。

バスの中で食べるお弁当買おう。たくさんあって迷う。
あ、天むすだ!最近ずっと食べたかったんだ。



夜行バスに乗る。背もたれが割と倒れるから楽だー。



しばらく苦しんで、晩ご飯。天むす弁当!!
うーん、、、イマイチ、あはは~。



足柄サービスエリアで休憩。

2016/08/01

Jumping through life like bird

午前3:20。
「退去します。」
「じゃあ部屋チェックします。」
「え、でもすぐ行かなきゃいけないんだけど。」
「部屋の確認しなきゃダメなんだよ。」
「すぐ済む?」
「2分で。」

確認が終わりロビーに戻って来た。エレベーターが開くと、ラテン系の女性が立っていた。彼女と親しげに話すセキュリティ。そして彼女が、あのセシリアだった!!まだ居たのかよ!最後に会うとわね、この愚か者め!



MTLのストゥリエとさよならし、バスターミナルまで歩くこと30分。
「空港まで切符一枚。」
「この時間ここから出る便はないですよ。次は一時間半後です。」
あれぇ?またやっちゃったかな。仕方ない、タクシーで行こう。

余計な出費だな。。。でも運転手のおじさんがとっても気さくで楽しかった^^



空港到着。チェックイン。カウンターのおじさん、「良い一日を!」とウィンク☆外国人だから自然できまることだよな。



空港まで、バスだと一時間弱かかる。でもタクシーだと、たったの15分で着いちゃったから、時間に余裕が。
出発ゲートでボーっと待つ。



しばらくしてトイレへ。ついでに掲示板で変更がないかチェック。
あたいの乗る便の一番右に赤い文字がある。英語に変わるのを待つ。

”キャンセル”

!!!!!!!!!!

ほー、嘘でしょう?!またあたいに試練を与えるか。とりあえず落ち着こう。どうすればいいんだろう。初めてだ。
ゲートに戻るが、職員がいない。インフォメーションも見当たらない。

お隣のゲートへ。
「あの、あたい隣のゲートの者ですが、フライトがキャンセルになってるんです。そして職員がいないんです。」
<分かった>とうなずき、あたいのパスポートとチケットを取り上げ、パソコンを操り始める女性スタッフ。そしてキャンセル便のチケットを破り捨て、
「これ、代わりのフライトね。ゲートはあっちよ。」
ほっ!!!

搭乗時間は・・・?6時。
今は・・・?6時じゃん!!そして出発は30分後。GO!
タクシー乗って早く着いてよかったよね!!



飛行機の中はやっぱり冷えるなぁ。昨夜は寝てないから眠い!出発していつの間にか寝てた。おやつを配る音で目が覚めた。
「食べる?」
「タダ?」
「タダよ。飲み物もタダだけど、いる?」
「いる。オレンジジュース。」
味のついた飲み物飲むの、何カ月ぶりだろう。ずっと氷水だったから。好きで飲んでたんだけど。
おやつはクラッカー。パサパサで味がないの想像してたけど、甘くて美味しい!



トロント到着~。現在午前8時。本来は、今MTLを出発するはずだった。
乗り継ぎ時間がめちゃある。空港寒いよぉ。



トロント空港オシャレ!
携帯ゲームしながら、チョコレート食べながら時間をつぶす。



やっと人が集まりだしてきた。
「ねぇちょっと。トイレへ行きたいから、荷物見ててくれない?すぐ戻るから。」
「いいよ!」

すぐに戻ってこないじゃん!!何してんのよ。もうすぐ搭乗よ!あたいもトイレ行って、水買いたいんだけど。

あ、やっと戻って来た!お菓子を手に。
「どうもありがとう!!」と、あたいにキットカット。そしてあたいの向かいに座っていた子どもたちにキャンディーをあげた。子どもたちは、見知らぬおばさんがいきなりお礼を言いながらキャンディーをくれるものだから、キョトンとしてる。
隣に居た母親が、「それはあの人(あたい)にあげなさい。あなたたちは何もしてないでしょ。」と、子どもたちからキャンディーを取り上げ、あたいに渡してきた。
「これどうぞ。あなたがもらうべきよ。」
「いや、それはお子さんたちにってくれたんだから、どうぞ。」
「あら、いいの?」
ホントは欲しいけど。



飛行機寒過ぎだよー!!!外国の乗り物はエアコンがよく効いてる。だから防寒対策して乗ったけど、予想をはるかに上回る寒さだ。MTLの冬でもこんなに震えなかった。ブランケットを何枚も重ねて全身を覆っても、一枚一枚が透けてるくらい薄いから、あんま意味がない。
みるみるうちに喉が痛くなってきた。あ~、引きたくないよぉ。頭も痛くなってきた。完全にアウトだ!一日半、極寒の地で震えて過ごしました。



消灯時間、宇宙船みたい。

これがそのおいしいクラッカー。エアカナダのカップかわいい^^

2016/07/31

Montreal is my third hometown モントリオールは第3の故郷

Love camembert cheese, but this is not so good...maybe.

カマンベールチーズ大好きなんだけどなぁ。これあんまおいしくない?



Book air ticket. Book bus ticket...oh, bus company goes to sleep. Book hotel.
Let's go shopping☆

航空券買った。バスのチケット・・・買おうと思ったら、営業所寝ちゃった。ホテル予約した。
お買い物いこ~。




Funny dancing starts♪

何か始まった。
video



I'm home. Very hot!! Bus company must wake up. Book a ticket.
Ready for dinner from salmon David bought me in USA and leftovers in refrigerator.

あぁ暑かった。営業所はもう起きたね。バスのチケット買った。
デイビッドに買ってもらったサーモンと、冷蔵庫の中の残り物で晩ご飯。



Now, clean my stulier and pack my belongings.

じゃあ、部屋の片づけと荷造りしようかな。