2016/08/01

Jumping through life like bird

午前3:20。
「退去します。」
「じゃあ部屋チェックします。」
「え、でもすぐ行かなきゃいけないんだけど。」
「部屋の確認しなきゃダメなんだよ。」
「すぐ済む?」
「2分で。」

確認が終わりロビーに戻って来た。エレベーターが開くと、ラテン系の女性が立っていた。彼女と親しげに話すセキュリティ。そして彼女が、あのセシリアだった!!まだ居たのかよ!最後に会うとわね、この愚か者め!



MTLのストゥリエとさよならし、バスターミナルまで歩くこと30分。
「空港まで切符一枚。」
「この時間ここから出る便はないですよ。次は一時間半後です。」
あれぇ?またやっちゃったかな。仕方ない、タクシーで行こう。

余計な出費だな。。。でも運転手のおじさんがとっても気さくで楽しかった^^



空港到着。チェックイン。カウンターのおじさん、「良い一日を!」とウィンク☆外国人だから自然できまることだよな。



空港まで、バスだと一時間弱かかる。でもタクシーだと、たったの15分で着いちゃったから、時間に余裕が。
出発ゲートでボーっと待つ。



しばらくしてトイレへ。ついでに掲示板で変更がないかチェック。
あたいの乗る便の一番右に赤い文字がある。英語に変わるのを待つ。

”キャンセル”

!!!!!!!!!!

ほー、嘘でしょう?!またあたいに試練を与えるか。とりあえず落ち着こう。どうすればいいんだろう。初めてだ。
ゲートに戻るが、職員がいない。インフォメーションも見当たらない。

お隣のゲートへ。
「あの、あたい隣のゲートの者ですが、フライトがキャンセルになってるんです。そして職員がいないんです。」
<分かった>とうなずき、あたいのパスポートとチケットを取り上げ、パソコンを操り始める女性スタッフ。そしてキャンセル便のチケットを破り捨て、
「これ、代わりのフライトね。ゲートはあっちよ。」
ほっ!!!

搭乗時間は・・・?6時。
今は・・・?6時じゃん!!そして出発は30分後。GO!
タクシー乗って早く着いてよかったよね!!



飛行機の中はやっぱり冷えるなぁ。昨夜は寝てないから眠い!出発していつの間にか寝てた。おやつを配る音で目が覚めた。
「食べる?」
「タダ?」
「タダよ。飲み物もタダだけど、いる?」
「いる。オレンジジュース。」
味のついた飲み物飲むの、何カ月ぶりだろう。ずっと氷水だったから。好きで飲んでたんだけど。
おやつはクラッカー。パサパサで味がないの想像してたけど、甘くて美味しい!



トロント到着~。現在午前8時。本来は、今MTLを出発するはずだった。
乗り継ぎ時間がめちゃある。空港寒いよぉ。



トロント空港オシャレ!
携帯ゲームしながら、チョコレート食べながら時間をつぶす。



やっと人が集まりだしてきた。
「ねぇちょっと。トイレへ行きたいから、荷物見ててくれない?すぐ戻るから。」
「いいよ!」

すぐに戻ってこないじゃん!!何してんのよ。もうすぐ搭乗よ!あたいもトイレ行って、水買いたいんだけど。

あ、やっと戻って来た!お菓子を手に。
「どうもありがとう!!」と、あたいにキットカット。そしてあたいの向かいに座っていた子どもたちにキャンディーをあげた。子どもたちは、見知らぬおばさんがいきなりお礼を言いながらキャンディーをくれるものだから、キョトンとしてる。
隣に居た母親が、「それはあの人(あたい)にあげなさい。あなたたちは何もしてないでしょ。」と、子どもたちからキャンディーを取り上げ、あたいに渡してきた。
「これどうぞ。あなたがもらうべきよ。」
「いや、それはお子さんたちにってくれたんだから、どうぞ。」
「あら、いいの?」
ホントは欲しいけど。



飛行機寒過ぎだよー!!!外国の乗り物はエアコンがよく効いてる。だから防寒対策して乗ったけど、予想をはるかに上回る寒さだ。MTLの冬でもこんなに震えなかった。ブランケットを何枚も重ねて全身を覆っても、一枚一枚が透けてるくらい薄いから、あんま意味がない。
みるみるうちに喉が痛くなってきた。あ~、引きたくないよぉ。頭も痛くなってきた。完全にアウトだ!一日半、極寒の地で震えて過ごしました。



消灯時間、宇宙船みたい。

これがそのおいしいクラッカー。エアカナダのカップかわいい^^

0 件のコメント:

コメントを投稿