2014/05/29

TARIFABOSS タリファボス

A long black hair woman run through in dark city, it is me. I was in a little panic because a building I thought Granada station is not it. Time never wait for me. Hurry! Ask to someone! But no people in dark morning city. Uh...
Then, I found a tall man over there. Follow and catch him!! "Perdon! Perdon!"
His ears is covered by earphone and he does not hear me. "Perdon! Perdon! Perdon! Perdon! Perdon!........", I cried out so many times and finally made him look back.
"Excuse me, where is RENFE station?" "Ah..... you count this street is one. One, two, three and turn right." "OK. Thank you for your time." and reached to the station. His explanation was very nice!! There is no doubt he was surprised because suddenly  a long hair woman came close from his back with jumping and crying out.
People in this country is so nice! If you try to cross a road, every cars stop for you in any cases. I was moved it.

A train I ride is already at the station. Let's ride on!
Gradually Spanish nature appears. Dry, vast, orange, very beautiful. I love just to see view without thinking anything. It is happy moment for me.

長い黒髪の女が暗闇を駆け抜ける。私だ。若干パニック状態。駅だと思ってた建物が駅じゃないんだもの。一体どこよ。電車の時間がせまる~。急げ!誰かに聞きたいけど誰もいない。まだ皆寝てるよね。
あ、一人発見。何としてでも捕まえる。「すみません!すみません!」
だけど彼はイヤホンしてて、私の声は聞こえてないみたい。「すみません!すみません!すみません!すみません!すみません!・・・・・」と何度も必死で叫んだ。やった、止まった!
「すみません、駅どこか教えてもらえますか?」「えーと、この通りを1として、1、2、3番目を右に曲がったらあるよ。」「わかりました。お急ぎのところ、ありがとうございました。」
あの人の説明、すごく分り易かった。だけど恐怖だったろうな。振り返ると長い黒髪の女がぴょこぴょこ跳ねながら叫びながら近づいて来てるんだから。
話変わるけど、スペインの人たち優しいね。この国では歩行者優先。歩行者が道に立っていたら、どんなにスピードを出している車でも、必ず止まってくれる。そんな優しい国だよ。嬉しい。

駅では私の乗る電車待機中。さあ乗ろう!
最初は真っ暗でまだ風景は見えなかったけど、日が昇るにつれスペインの大自然が姿を見せ始める。乾燥してて、広大で、オレンジ色で、見事な景色。私は何も考えずにぼーっと景色を眺めるのが好き。至福。






Ronda!! Here is not today's final destination. I am interested in here and got off on the way. Good to come :D

ロンダ到着~。ここは最終目的地じゃない。ちょっと面白そうだなと思ったので、途中下車した。来てホント良かった、そう思える町だった。




Rode on a train arrived from Madrid and to Algeciras.
At Algeciras station, a staff stared me straight in the face as if he said "why did you come here? What are you doing here?". Because Algeciras is not a city for sightseeing and no Asian, I think so.
Here is not also today's final destination. Take a bus and go to today's goal. I could see Gibraltar and Morocco over there :D

マドリッドから来た電車に乗ってアルヘシラスへ。
アルヘシラス駅で駅員にじ―――っと見られた。「何でこんな所に来たの?一体何しに来たの?」とでも言っているような顔。それもそのはずかな。だってここは観光するような町じゃないから。アジア人もいなかったし。
ここも最終目的地ではない。バスに乗り、いよいよ本日の目的地へ。ジブラルタル海峡とその向こうにモロッコが見えるよ!!




Came here, Tarifa!! The southern city in Europe. Lovely city♥
Found my hotel. Ring, ring..., ring, ring..., here too? Ring, ring..., ring, ring...
"whhhhh?" did someone answer?
Ring, ring...
"whhhhh???"
"Hello?"
Door is opened and I looked inside. A man is standing covered his body with a bath towel.
".................Hola, me llamo..." "Welcome!! I am boss :)" And I was asked to have a seat to check in and it was like a interview. Boss is very nice and this hotel is also my favorite♥

来ちゃったよ、タリファ!!ヨーロッパ最南端の町。私すっかりここが気に入った。
ホテルに着き、ベルを鳴らす。なかなか出ない。ここもか・・・。
「ほわわわわ?」 何か聞こえた。
もっかい鳴らす。
「ほわわわわ?」 やっぱり何か言ってる。
「こんにちは」
ドアが開いた。隙間から除くと、裸の男性が!バスタオルは巻いてたけど。
「・・・・・・・・こんにちは、私は」「いらっしゃい!!僕ボス!」
そして中へ入り、腰をかけるよう言われた。チェックインしてるんだけど、何か社長と面接してるみたいだ。面白いな。




"Hey, Boss. Key por favor." "Thank you. We usually open the door 24H, but if it is closed when you come back, should ring :)" "Si, si."

"Bom dia!" "Hola!"
Pretty city with strong sunshine, windy, tasty foods and nice people. I am standing edge of Eurasia again!!!!!

「ボス、鍵お願い。」「入口は24時間開いてるけど、もしまたさっきみたいに閉まってたら、ベル鳴らすんだよ。いってらっしゃい。」「はいはい」

「ボンディ―ア」「オラ」
強い日差しと風、おいしい食べ物に素敵な人々がいる町タリファ。私またユーラシアの端っこに来たんだなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿