2014/05/27

Hola, Picasso!! こんにちは、ピカソ。

I am going to opposite way~~. Got off next station and return.

間違えて反対方向の電車に乗っちゃった~。次で降りて戻ろ~。




I am going to Park Guell. A small cat is coming to me♥ When I touch and communicate with it, an old man said
"you take it away, ha ha ha :)"
"No"
And saw a good design door knocker in Spain. Many houses use same one.

グエル公園に向かってる。子猫だ!遊んでいたらおじさんが近づいてきて、「持ってけ。ハッハッハッ。」と言った。「ダメでしょ」
そして面白いドアノッカー。スペインのあちこちの家でこれ使われてる。




Park Guell!! Very beautiful park.

グエル公園!とてもかわいい公園。




Pizza with Iberico ham for a lunch. Very big~~
お昼はイベリコ豚のピッツァ!でかっ!




Wanna see the Mediterranean Sea.
"Excuse me. Hi, where do you want to go? Do you need help?", a man came to me. I thought I should better ignore him. He keep saying "I am going to the beach" "Me too", Oops!! He said
"Can I go with you?" "NO"
"Can I go with you?" "No"
"Can I go with you?" "OK"
Let's go!! I knew the beach is very close from here and did not feel danger, so decided to follow him. But, no conversation while walking to there. Ah, awkward, Ah, should have turned down.

地中海が見たいの~。
「ねえ。こんにちは、どこへ行きたいの?教えまひょか?」と男性が近づいてきた。とっさに無視するのがいいなと思った。「僕はビーチへ行くんだけど。」「私も」 あ、言っちゃった。言っちゃったもんだから、一緒に行きまひょ状態。
「一緒に行きまひょ」 「いいです」
「一緒に行きまひょ」 「けっこうです」
「一緒に行きまひょ」 「じゃあお願いします」
で、ついて行くことにした。その辺だてことは分っていたし危険を感じなかたので。それに楽だしね。
でもさ、海につくまで会話がはずまなくって、あぁ気まずかった。やっぱ一人の方がよかったな。




This is Platja de la Barceloneta and the Mediterranean Sea!!!!! What a beautiful view~~~♥
He suddenly started singing Brazilian song. I cast a cold eye on him. He is from there and works as a chef in this city.

これがバルセロネータ海岸、地中海だ!!!!!すっごくキレイ~~~だよ!
彼が突然歌い出した。ブラジルの歌。びっくりするわ。何なの。冷めた目で見る私。彼はブラジルから来ていて、この町ではシェフとして働いている。




While he is singing, I tried to enjoy this moment.
And I said "Now, I go to next spot."
"Where?" "Museum"
"Which museum?" "Picasso"
"Can I go with you?"
Do you still be with me?! But I was not able to turned down again and said "if you wanna come, come." "Sure"
Why I can not say truth in my mind...
I leave the beach with him. But he is very slow. Oh well.
Then he said "I stay here" "OK"
"Let's go to eat something later" "NO" (did it!!)
"WHY?" "(because I wanna be alone right now)", the voice of my mind said so.
"So, bye" "BYE BYE"
Thank you and sorry, I am free~~~

彼が一人で歌っている間、私もこの瞬間を何とか楽しもうとしていた。
もういっか 「私もう次の場所行くね」 「どこ行くの?」
「美術館」 「どこの?」
「ピカソ」 「僕も行っていい?」
マジか?!まだ来るか!だけどハッキリ断れない。そして出た言葉は、「来たけりゃ来れば」だた。「もちろん」と彼。ダメだよ、きちんと意思表示しないと。
立ちあがり、海岸を後にする。あの人歩くの遅っ。ま、いっか。放っておこう。
その時彼が「やっぱりここにいる」と言いだしたので、「わかった」と答えた。
「後で一緒にご飯食べよう」と言うので、「嫌だ」と断った。ついに。
「なんで?」と唖然とする彼。私の心の声はこう言った「(だって、つまらないんだもん・・・)」
「わかった。じゃあバイバイ」 「バイバイ~」
何かごめんね。やっと自由だ!!


Museu Pi, Museu Pi, where is it?

ピカ美~♪ピカ美~♪ピカ美はどこ~?




Museu Picasso!! How long did I stay here? Interesting and tired.

ピカソ美術館!どれくらい居ただろう。疲れた。もちろんとてもよかったよ。




Placa Reial. The gaslight is young Gaudi's work.

レイアール広場。ガス灯は、ガウディの若いころの作品だて。




Pavement Mosaic by Joan Miro and a Wall Painting by Pablo Picasso. Fantastic city Barcelona!!!!!

町を歩けばミロのモザイクにピカソの壁画。バルセロナってホント楽しい!!




Dinner at 4 Gats. Young Picasso used to come here. I ordered a sausage for main dish and chocolate drink at first. But a nice waiter advised me "I do not recommend that drink for your main dish, I think they will be panicked into your stomach."
And he stand me a glass of champagne after eating!!!!!Last night in Barcelona for me, Gracias, thank you for wonderful memories :D

若き日のピカソも通ったクアトラ・ガッツで夕食。初め、ソーセージの料理とチョコレートドリンク頼んだら、ナイスなウェイターさんから「お腹ん中が大変なことになりまっせ」と助言を受けたので、飲み物はお茶に変更。
そして食後にそのナイスなウェイターさんがシャンパンご馳走してくれた!!バルセロナ最後の夜、素敵な思い出をありがとう!ラッキー☆




There are nice things on the way to my room in Barcelona.

私の部屋までの道のりには、こんな面白いものがあるんだよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿